FC2ブログ
   
07
5
9
11
14
18
25
29
30
   

まさかのメインク―ン?

おてんばな白猫ちゃんの行動に、
怯えながらの毎日。

すごい勢いで近づいて来るこの子に
「来ないで!」と言ってみても勿論伝わるわけない。

それどころか私が怖がって急に動くものだから
かえって興味をもち、手を出してきたりする。


長女のお腹の上
20130531_191736[1]
長女に「爪がとにかく怖い!」と伝えた日の事、

ベルちゃんの飼い主のSちゃんは

動物病院で爪切りをしてもらってからは、

引っ掻かれても全然痛くないと言っていたよと長女。


動物病院で爪切り。

誰がいつ連れていくの???

またネット検索し猫の爪きりグッズの存在を知る。


まずは自分達で出来るものなのか、
猫用爪切りを購入。


爪切り時の注意点を見ると、

血管の通っている所を切ると

出血するので要注意とある。

万が一血が止まらない場合は動物病院へ。

また動物病院か・・・。


手足を軽く押すと爪がムニュと出るとあるが、

初心者には難しい。

起きている時など出来たものではない。

いつも一緒
20130531_191734[1]

たとえ眠っていてもこんな小さな爪、
血管の所切りそう。


この子達を連れてきた息子に「爪切ってみて。」と私。


こういう面倒くさい事になると返事は一言

「無理。」たった一言だもんね。

その点長女は
私が切ってあげると心強い。

ほんとにいつも男前。


そして動物病院に行ったSちゃんから
この時驚くべき話を聞くことになる。


Sちゃんに茶色猫ちゃんを渡す前、

我が家でもこの子達は

なんという種類の猫なのかということが話題になり、

毎晩のように私はネットで情報を集めていた。


この子達に似た画像をみつけてはその種類を確認。

色々なペットショップのサイトで
その猫の特徴を調べるといった具合だった。

猫の種類がわかったからどうってことはないのだが、
なんだかこの子達の正体?が気になってしまったのだ。

とはいうものの実際ペットショップに見に行っても、
結局はよくわからないねで終わるのだった。

所がSちゃんはベルちゃんを見せた時、
獣医さんからこの子メインク―ンっていう種類ではないかと言われたらしい。

最初この名を聞いた時はメークインと言い間違った。


「ママ、メークインはじゃがいも。」と笑われた。



ベルちゃんは凄い勢いで
ぐんぐん大きくなっているらしく、
メインク―ンの画像を調べたところ、
巨大な猫が出てきたので驚いて長女におしえてくれたようだ。

私もすぐメインク―ン子猫を検索。

そっくり、家にいる黒猫ちゃんにそっくり。

その子の最終形体を見た私はあいた口がふさがらなかった。

まるでトラくらいはあろうかという大きさで
人間が抱っこ出来るレべルではない。


メインク―ンの特徴を調べると体長(鼻の先から尻尾の先にかけての長さ)は、
1メートル(40インチ)を超える場合もあり
2010年に123センチ(48.5インチ)が最も身長の長い猫としてギネスに記録されていて、
2010年に世界最長の猫に認定されたメインクーンは、
5歳になって記録の体長に達した。
体重が11~12キロ(25ポンド)に達する固体もあるが
雄の成猫の平均体重は6~9キロ(12~20ポンド)で
雌は若干軽い3~5キロ(7~11ポンド)と書いてある。

メインクーンの尻尾は長く、
尻尾の長さは41.5センチ(16.34インチ)の猫もいたらしい。


まさかのメインク―ン?
20130531_191737[1] 


でも待てよ、尻尾が長いのが特徴?

顔がそっくりな黒猫ちゃんのしっぽは短い。

いやほとんどしっぽがない。

捨て猫のミックスだから、片親がメインク―ンなのかな?

白猫ちゃんはしっぽは普通にあるけど、
毛並みは茶色猫ちゃんや黒猫ちゃんとは全く違う。

今まで猫のしっぽをじっくりみた事なかったけど、
こんなにしっぽが無い猫いたっけ?

これから伸びてくるのかな?

同じダンボールに入れられていたけど、
兄弟じゃないのかな?


誰か~猫の種類に詳しい人ヘルプ~と叫びたい気持ちだった。


爆睡中
20130531_191735[1] 

20130531_191738[1] 

長女の膝の中で安心の寝顔



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
 

いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキングへ これからもよろしく
お願いします。
スポンサーサイト



子猫ちゃん達の名前

長女の友人のSちゃんが茶色ちゃんをもらってくれた。

子猫との相性見る為のお試し期間はなしで大丈夫と

言ってはもらっていたが、

我が家では万が一迷惑をかけるようなら、

もう一度引き取りに行こうと話していた。


しかしその心配をよそにSちゃん一家は

とても茶色ちゃんを歓迎してくれたらしい。


今までちゃんとした名前がなかったあの子に

【ベルちゃん】という可愛い名前をつけてくれたそう。


我が家には猫ハウスはなかったが

Sちゃんの家ではかわいい猫ハウスまで用意してくれたらしい。



突然ふってわいた話ながら
茶色ちゃんが気にいってもらえたのかなと安心した。


ところで我が家では
今まで子猫ちゃん達を名前で呼んではいなかった

この子達を連れてきた息子も白とか黒とかで呼んでいた。


なぜかと言えば勿論、

名前なんてつけた日には情がうつり

益々引き取り手探しが上手くいかないと私は思っていたからだ。



結局はその後も引き取り手はなかなかあらわれず困っていた。


子猫達のケージも玄関から2Fのリビングに

とっくに移動しており、

更に家族がいる時は決まった場所で

自由に過ごすことも増えてきてしまった。
20130529_181867[1]



主人はリビングにケージやトイレがあると臭いし、

ダニでもわきそうだと顔をしかめては

早く引き取り手を探せと言うのだった。


が、しかし・・・


最初にこの子達に会った時、

主人は身体の一部が痒い気がするから

猫アレルギーかもと言っていたが、

猫アレルギーならもっと毎日凄い症状が出るはずでしょ?と

本気にされなくなっていた。


ちょっと可哀そうな気もしたが



息子はというと本気で探しているのかいないのか、

まさかこのままトボケてこの家で飼う気なのか


長女も毎日子猫達と過ごしているうちに、

完全に情がうつりはじめている。 

20130529_181868[1]


私はというと、まだまだ子猫達が怖いまま。

息子からは「少し触ってみたら?」的な事を言われるが、

動物が何考えてるか見当もつかず、

今は大人しいけど突然ひっかいてくるかもしれず腰が引ける。


腰は引けるが新しい発見もあった。



今までペットショップなど通りかかれば、

かわいいワンちゃんだなと足をとめた事くらいはあったけど、

いざ自分の家に子猫が来て色々調べるようになると、

世の中にペット用品ってこんなにあったんだとか、

猫ってこんなに種類があるんだとか、

うれしいとこんなにゴロゴロ大きな音を出すものなんだとか・・・・・。



また、無責任な飼い主などがいて
殺処分になってしまう子猫達の数の多さにも驚いた。


そして街角で子猫譲渡会をやっているのを見て

「いつもいつも買い物で通っていたこの場所で
今までもこうやって譲渡会やってたのかな?
全く気付かなかった。」

そして足を止めるばかりか 

「こんなに寒い中、子猫達風邪ひいちゃうんじゃないかな?」

「今月末までに里親さんが見つからないと命がなくなちゃう?!
誰かもらってあげて!」
などと自分でも驚くほど猫好きさんみたいになっていた。

20130529_181866[1]


完全に飼うモードに入ってるよね
これって。
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

幸運な子猫ちゃんは?

長女の友人が初めて3匹とご対面。
おとなしい子を希望していたが、

実際に抱っこしてもらい決めてもらう事に。


135.jpg 


白猫ちゃんは我が家でもおてんばぶりを発揮していたが

やはり友人と会った時もキャリーバックから出して欲しいと

活発に?アピールしたようで

「美人だけど、おてんばね。」と候補からまず外れたらしい。



茶色ちゃんは我が家でも一番おっとりしていて、

いつもご飯時は他の2匹に押しのけられていた。



そんな茶色ちゃんを不憫に思ったのか

猫を飼う事を大反対中の主人も

少し茶色ちゃんびいきだったほどだ。



予想通り茶色ちゃんがその日も一番大人しかったらしい。



画像では黒猫ちゃんも気にいってくれていて少し迷ったよう。



でも、たまたま黒猫ちゃんが長女の手の中で眠っていて

その友人が受け取ろうとした時、

少しイヤイヤのような感じでぐずったらしい。



それでこの子は長女のもとにいた方が良さそうと思ってくれたようだ。

渡す時に、相性もあるとおもうので

お試しで暫く様子をみてもらってもし上手くいかなければ

もう一度我が家にかえしてもらってかまわないからと伝えてはみたが、

そんな事はしないから大丈夫というやさしい言葉をもらったらしい。


帰宅した長女から一部始終を聞き、

実家の母に話すと

「やっぱりね。茶色ちゃんが一番器量もよくてかわいかったもの。」

062.jpg

主人も似たような感想をもらした。

そしてこの勢いに乗って一日も早く

里親探しをするようにと言ってきた。


息子も少しは肩の荷がおりたかもしれない。

104.jpg 

その晩、あの子どうしてるかな?と何度とはなく気になった。

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

選ばれるのはどの子猫?

とうとう長女が子猫3匹を連れて

友人に会いに行く日がやって来た。

blog0702-2.jpg


まずは3匹を入れるキャリーバックを買いに行く。



選んでもらった子猫を

入れて帰ってもらう為の物と合わせ2個購入。

中でトイレする事もあるのかなと思い

数枚トイレ用シート等も敷いてみた。

当初は車で

友人の待つ駅まで行く予定だったので

3匹をケージにいれ、出発!



ところが道路事情で

途中から急遽電車に変更することに。

あせる。あせる。

とある駅に車をつけ後方のドアを開け、

3匹を1つのキャリーバックに入れようとした。



 

続きを読む

プロフィール

ミーちゃんとマックスのママ

Author:ミーちゃんとマックスのママ
幼い時から動物に触るのが怖くて、上野動物園のふれあい広場で固まった私が、突然我が家に子猫達を迎える事となり、
次から次へと事件がおきて・・・。
子猫育て初めての私。さてこれからどんな生活が待っているのか?

ようこそ

ニャンドルプロジェクト!           ついに始動?
131_convert_20130701115603.jpg  

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

いつも応援ありがとう

また遊びに来てね

元気いっぱい3ニャンズ


今までのブログから

大好き

daisuki.jpg

ベルちゃん

夢の中
yumegogochi.jpg 

ベルちゃん 

ベルチャン

おめかし

niau.jpg

取り込み中です

1周年記念

 DSC_1507.jpg

最新トラックバック

開設から約1ヶ月。7/29~カウントスタート!

ミーちゃん



賢くあまえんぼな女の子。
毎日だれかの膝に乗っては
大音量でのどをならしてくれる
かわいい子。

趣味:キッチンに忍び込むこと。

特技:空中戦。

活発過ぎるのがたまにきず。

マックス

407.jpg 

ちょっと臆病で
おっとりとした男の子。
トイレ後の手足のお掃除は
超念入り。
いつも家族の足めがけ直進し
ゴンゴン頭をぶつけてくる
かわいい子。

趣味:ひたすら食べること。

特技:長時間のかくれんぼ。

シンクロ

お出迎え

1378812526043.jpg  

すっぴんはNGよ

DSC_1285.jpg

好きすぎて

DSC_1327.jpg  

好きすぎて 2

DSC_1328.jpg  

リンク

いつでも里親募集中

わたしたちに出来ること

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QR